東京都内で介護の転職についての現状

介護の現場では、様々な職種がありますが地域によって求められる職種が違ってくるのでしょうか?人口やその地域性なども踏まえつつ今回は、東京都内で介護の転職を考えている人たちのお話をしましょう。

介護の声を求む

東京は関東だけでなく、日本の中心部だけあって人口が圧倒的に多く、高齢者の人口もまた多くなっている傾向にあることから、介護に対する需要も高くなっています。
その背景には、戦後のベビーブーム世代に生まれた世代や高度経済成長期における地方からの集団就職などがあります。
東京に人が多く集まり人口増加に伴い多摩地区などを筆頭に各地でニュータウンなどが建造され、そこを生活の拠点として暮らし続けてきた世代が中心となりました。

高齢者の方々の人口もその分多くなり、少子高齢化社会として若い世代の人口が減ってきたことなどから、福祉の現場では人手不足も顕著となったため、老人が老人の面倒を見る老々介護現象が起こるほどでした。

福祉関連で求人募集の現状を見る

求人サイトや職業安定所などで福祉関連の求人募集の情報を見ることができますが、形態別で見るならば、訪問介護サービスや有料老人ホームといった施設の募集が多くなっています。

また、介護施設などで働く人たちの職業に関しては、ヘルパーや介護職のような高齢者の世話をすることが高くなっているのが現状で、職種別で比率的に見ると約7割近くであり、管理職関係においても、施設管理業務などを含め募集の声が高くなっています。

東京都の高齢化

東京都内の人口において、65歳以上の方は約309万人近くで全体の約23%となっているのが現状です。高齢化が加速され、要介護・要支援と認定された方の数も増加傾向にあります。
こういう状況下において、介護施設を各地に増やすことが一つの手ですが、その施設を運営することと入居する方の面倒を見る方の双方の需要が高くなっています。

福祉関連の仕事をしよう

介護職への転職を決意し、どの職種に応募するのか悩むところですが、常勤勤務については有料老人ホームが多く、これは東京都内に限らず求人数は全国的に増加傾向です。
訪問看護では非常勤勤務募集が多いのですが、希望者には社員としての昇格を検討している事業所も存在しており、介護の勉強をしながら業務で経験を積むことが可能です。

東京都内での介護業界への転職は、正社員やパート問わず需要が多いことから比較的容易です。介護業界での勤務は資格が必要だろうとお考えの方がいますが、事業者によっては学歴や経験を一切問わないところもあり、場合によってはOJT研修までも用意されている場合があります。
無資格者でも仕事を通じて介護を学べるわけです。

まとめ

東京での介護を必要としている方々が多いことがその背景にあることから、介護業界への転職をされる方も増えていくことでしょう。

~・~・~・~・~・~・~・~

★☆★ 介護に関して学びを深めたい方は、以下の情報もご覧ください ★☆★

・どんな資格から学べばよいのか、介護資格の種類などに関して

【介護の入門的な学び 👉 「初任者研修編」

・スキルアップや介護福祉士を目指したい方におススメの情報

【 介護福祉士国家試験を受験するための必須の資格 👉 「実務者研修編」

・介護福祉士国家試験を受験予定の方へ、合格率を飛躍的に上げる勉強方法や教材などの情報をまとめました。

【介護福祉士国家試験を合格するための 👉 「介護福祉士受験対策編」

・必見!!介護の教育機関がおすすめする神奈川・東京の介護求人情報をまとめました。

【神奈川・東京の介護求人に特化した情報サイト👉「ふくしごと」

~・~・~・~・~・~・~・~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA