介護福祉士の仕事内容とは?深掘りしてみよう!

今後のキャリアを考える上で介護福祉士を取得したいという方も多いのではないでしょうか。介護福祉士は国家資格です。それだけ仕事内容には責任があります。今回は、介護福祉士取得後の仕事内容やキャリアについて深掘りしてご紹介します。

目次

1.介護福祉士の仕事内容とは
2.介護福祉士のキャリアの位置づけとは
3.まとめ

1.介護福祉士の仕事内容とは

介護福祉士(ケアワーカーとも言われる)は利用者さんの心身介護と生活支援を行っていますが、介護福祉士の活躍の場は広く、グループホームやデイサービス、訪問介護など勤務先によって働き方や仕事内容は異なります。しかし、代表的な仕事内容は3つあります。

1つ目は、身体介護です。身体介護には入浴介助や排泄介助、食事介助などが含まれます。例えば、食事介助では食事を口に運ぶといった食事をとるための介助だけでなく、食事しやすい環境作りや食欲を起こすための介助、食後の口腔ケアなど食事に関係する一連の介助を行います。

その他にもベッドからの立ち上がりや、車いすへの移乗を手伝うこと、寝たきりの利用者さんの体位を変えるなども含まれます。利用者さんの生活に寄り添って、利用者さんの残存機能を引き出し、いかしながら生活動作を手伝うことになります。

2つ目は、生活援助です。直接利用者さんに接する仕事以外にもベッドメイキングや掃除といった仕事もあります。特に訪問介護の場合は、利用者さんに代わって買い物や洗濯、料理を行うなど家事援助も仕事に含まれます。

3つ目は、精神介護です。精神的な面でも寄り添ってケアする場面が多いのも介護福祉士の仕事の特徴です。身体介護の一部は介護ロボットなどの機械でも補えるようになっている中で、精神的な部分や会話を楽しむという点は介護福祉士だからこそできる仕事といえるでしょう。そのためにも、介護福祉士はコミュニケーションスキルが求められる仕事といえます。

2.介護福祉士のキャリアの位置づけとは

介護業界のキャリアアップは、介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士の順になっているのが基本と言えるでしょう。
介護福祉士として活躍を続ければ、スキルアップにつながったり専門的な分野に携われたりします。介護福祉士を目標にできるといいですね。

3.まとめ

今回は、介護福祉士取得後の仕事内容やキャリアについて深掘りしてご紹介しました。是非、介護福祉士の受験を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA