レクリエーション介護士取得ルート 通信講座VS通学講座

レクリエーション介護士

「あるある探検隊」のネタでブレイクしたお笑い芸人レギュラーが、介護芸人として全国の介護施設を回っているのはご存じですか?

そんな彼らが取得した資格がレクリエーション介護士です。レクリエーション介護士は2014年に誕生した履歴書にも書ける民間福祉資格の一つで、料理や手芸、園芸など自分の趣味や特技を活かして介護施設などでレクリエーション活動をしたい方にオススメです。自分の趣味や特技を人のためにも有意義に活かしたいと思っている方は、レクリエーション介護士の資格取得を目指してみませんか?

こちらではレクリエーション介護士2級の資格取得ルートについて、通信講座と通学講座を比較してみました。みなさまの学習の一助になれば幸いです。

■レクリエーション介護士勉強するなら?|通信講座VS通学講座

資格取得を目指すときに必ず皆さんが検討することは、教材やスクールなどの学習方法や手段ではないでしょうか?レクリエーション介護士2級の資格は、日本アクティブコミュニティ協会の認定機関が提供する通信講座か通学講座を受講後、試験に合格すると取得できます。

ではレクリエーション介護士2級の通信講座、通学講座を比較してみましょう。

通信講座【時間も場所も自由に選びたい派のあなたに!】

  • 受講スタイル…テキストやDVDを使用し、自宅や好きな場所で受講可能
  • 質問方法…メールや郵送で質問
  • 学習期間…約3カ月
  • 試験方法…筆記試験【在宅】(選択式50問、60点以上合格)+添削課題
  • 料金…約35,000円(参考価格)
介護レクリエーションをする利用者

仕事や家庭のことが忙しくなかなか決まった曜日・時間に受講できない、育児中で子供の預け先がない、一人で黙々と勉強するのが好き…こんな方には通信講座が向いているかもしれませんね。育児や介護中の方、開講スクールが近隣にない場合など、在宅で試験が受けられるのは大きな魅力です。▶レクリエーション介護士2級通信講座(ユーキャン)

通学講座【スケジュールや学習管理が一人だと不安なあなたに!】

  • 受講スタイル…スクールに通学し、テキストを使用しながら講習を受ける
  • 質問方法…講師に直接質問
  • 学習期間…12時間(参考:6時間/日×2日)
  • 試験方法…筆記試験【スクールにて】(選択式50問、60点以上合格)+添削課題
  • 料金…約35,000円~(参考価格)
介護レクリエーション

通学講座だと、1日6時間受講すると最短2日間でレクリエーション介護士2級を取得できるんですね。1日でも早く資格を取得したい、一人で学習が続けられるか不安、わからない事はその場ですぐに解決したい…こんな方は通学講座が向いているかもしれませんね。 

■レクリエーション介護士2級を取得したら1級にもチャレンジ!

レクリエーション1級と2級の違い

レクリエーション介護士2級の能力を活かし、人材育成や現場の活性化を実践できるのがレクリエーション介護士1級です。

レクリエーション介護士2級であれば、通信講座を利用することで勉強時間の自由度が高い学習スタイルを選択することも可能ですが、さらに上の1級の取得を目指す場合は少し違うようです。まず、レクリエーション介護士1級の受験対象は、2級取得済で心身ともに健康な方となっています。資格取得の流れは以下の通りです。

レクリエーション介護士1級取得の流れ

・アイスブレイク体験会参加(1回)▼

・必須講座(4日間)▼

・フォローアップ研修(4講座以上)▼

・現場実習(レクリエーションを3回以上実施)▼

・認定試験

レクリエーション介護士2級に比べ、資格取得にかかる費用(約10万円※参考価格)・日数ともに多くなりますが、レクリエーション介護士として、施設の理念・方針や利用者さんの状態にあわせてレクリエーションをアレンジする能力を習得したい、人材育成にも興味がある方は、是非レクリエーション介護士1級を目指されてはいかがでしょうか。

まとめ

レクリエーション介護士2級の通信講座と通学講座の比較内容をメインで紹介いたしましたが、いかがでしたか?あなたの趣味や特技は、あなただけでなく他の人を笑顔にするチカラがあるかもしれません。
また、特別な趣味や特技はないけど、人を楽しませることが好き…そんな方もレクリエーション介護士として活躍できることでしょう。
すこしでも興味を持たれた方は、まずはレクリエーション介護士2級にチャレンジ!あなたは、通信講座?通学講座?

こちらの記事もオススメ
▶介護福祉士実務者研修って履歴書に書ける資格なの!?