2023年版 介護福祉士国家試験の過去問アプリ3選

介護職の中でも人気の資格が介護福祉士です。試験において過去問は重要な意味をなします。過去の問題から試験合格までの糸口を探り計画を立てることにより合格に近づくことができるのです。
今回はそんな介護福祉士の過去問対策ができる介護福祉士の過去問アプリを3つご紹介します。

目次

1.過去問アプリ「介護福祉士国試1000問」
2.過去問アプリ「介護福祉士暗記カード+過去問徹底対策(解説付き)」
3.過去問アプリ「介護福祉士 国家試験&就職情報」
4.まとめ

1.過去問アプリ「介護福祉士国試1000問」

このアプリは、受験対策に有効な設問1000問が用意されています。楽なポイントは、会員登録をする必要がなく、追加の有料問題などもないことです。安心して使用することができるので良いでしょう。また、毎回ランダムで20題出題されますが、カテゴリにわけてトライすることもできるので、効率的な学習ができると言えるでしょう。間違った問題だけをピックアップして、再トライできる機能もついていますので活用しましょう。

アプリのDL、詳細については下記ページでご確認ください。
App Store
Google Play

2.過去問アプリ「介護福祉士暗記カード+過去問徹底対策(解説付き)」

このアプリは、過去問題を暗記カードで手軽に勉強をすることが出来ます。カラー付箋がついているので復習したい箇所や間違えた問題のみをいつでも見直すことが出来ます。豊富な出題パターンがあるので、何度も学習できるでしょう。また、正解率、解答率、分野別になっているため苦手な所を克服しやすいというメリットもあります。

アプリのDL、詳細については下記ページでご確認ください。
App Store
Google Play

3.過去問アプリ「介護福祉士 国家試験&就職情報」

このアプリは、4年分の過去問をすべて正解できるようになるまで何回も繰り返すサーキット・ランニング方式を採用しています。苦手問題も徹底的に克服することができます。すべての問題に解説がついており、わからないところを効果的に復習できるのもよいでしょう。また、介護福祉士国家試験対策と並行して就職活動もできるので非常に便利なアプリと言えるでしょう。

アプリのDL、詳細については下記ページでご確認ください。
App Store
Google Play

4.まとめ

今回は、介護福祉士の過去問対策ができる2023年の介護福祉士の過去問アプリをご紹介しました。どの程度の知識が求められているのか、どのような問われ方をするのかを把握することで試験の合格に近づくことでしょう。また、間違えた問題を復習することで合格できるように対策をするのが良いでしょう。是非この記事を参考に過去問に挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA