介護福祉士の合格をめざし、過去問無料サイトでスマホ学習

介護福祉士国家試験は、毎年1月に筆記試験が行われます。合格基準は、問題の総得点の60%程度、且つ指定の11科目群全てで得点しなくてはなりません。

介護福祉士の資格取得のために過去問無料サイトを活用した学習方法を紹介します。

介護福祉士の国家試験過去問無料サイトとは

サイトとは、ブラウザ上に表示されるホームページのことです。わざわざダウンロードする必要がありません。WEBサイトはインターネットができる環境があれば誰でも閲覧することができます。

アプリと比較すると情報量が多く、つねに最新の情報を見ることができます。

さらに過去問無料サイトでは、合格に向けてさまざまなサポートを行っています。間違えた問題のみの出題、合格の可能性を判定するといった家庭教師のような働きだけではありません。

受験対策講座や体験談コラムの掲載、掲示板など、試験勉強の息抜きや気分転換をもカバーしたサイトもあります。

スマホを活用した勉強方法

参考書・問題集・ノート・筆記具のすべてがそろっているのがスマホです。スマホさえあれば、問題集やテキストを持ち歩く必要はありません。

さらに過去問無料サイトを活用すれば、教材にお金をかけなくても試験対策をすることができます。

スマホを活用して勉強するメリットは、疑問点をすぐに調べられることでしょう。過去問で解らなかった箇所を文字情報だけでなく、動画からも学ぶことができます。

また情報の共有化が、簡単にできるのも大きな特徴でしょう。LINEやTwitterをあわせて使えば、合格をめざす同士と学習しあうことができます。

なにより、いつでもどこでも学習を始められます。電車やバスでの移動中や、ちょっとした休憩時間などすきま時間を勉強にあてることができるのは、スマホ活用した勉強方法ならではのメリットです。

介護福祉士をめざす多くの方は、介護施設で働きながらの方がほとんど。だからこそ、スマホを賢く活用した勉強方法を取り入れることを、おすすめしたいのです。

過去問題を練習するメリット

国家試験では、過去問に関連した問題がよく出ます。過去に問題となったものは重要な内容なので、本番試験に出る可能性が高くなります。

そのため、過去問を繰り返し解く練習をすることが試験合格の近道なのです。

試験勉強は、出る可能性が高い部分から手を付ける方法が効率的です。過去問無料サイトでは、どんな問題が出るのか、現状どの程度解けるのかを把握することができます。

まとめ

〇介護福祉士国家試験は、過去問無料サイトをスマホで学習しよう。

〇スマホで、学ぶ・記録する・共有するなどを活用しよう。 〇介護福祉士の効率的な学習は、過去問をどんどん解き試験の傾向を把握すること。そして重点的に繰り返し解くことが合格への近道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA