介護福祉士の受験勉強を始めるタイミングはいつ?

介護福祉士は国家試験なので、簡単に受かるものではないでしょう。専門知識や介護技術を実践において学ぶ事が必要であり、その為の成果を出す為の試験と位置付けられます。
それでは、試験に備える為の勉強は、どのように考えれば良いのでしょうか。介護福祉士国家試験の勉強を始めるタイミングはいつからなのか考えてみましょう。

介護福祉士の国家試験の受験資格

介護福祉士とは、介護が必要な人の為に役立つ国が定めた試験に合格して、それを登録する事で初めて、介護福祉士として登録すると認定されます。
2021年の1月に行う国家試験の場合は、実務経験ルートの場合の実務者研修修了認定や修了見込みが、3月31日までを受験資格の対象としています。

介護福祉士の受験勉強

介護福祉士国家試験に挑むにあたり、受験資格の項目を確認したことでしょう。受験の申込の締め切りが、9月頃となっていますので、遅くともその時期から試験勉強を始めなければなりません。
1月の試験に間に合うように9月~10月には、勉強を始める必要があります。 個人個人によって、集中力の持続が異なるのですが、目安とする勉強時間は、1日2~3時間の勉強をする事です。

働きながらの受験勉強

働きながら国家試験を受ける場合には、平日は無理しないで1時間位に集中して理解力を高めていきます。仕事のない休日には、4時間位を勉強にあてて、過去問題でできなかった箇所を、集中的に勉強するようにします。

▼【合格率90.2%】忙しい方にもオススメの受験対策本▼


『受かるんですシリーズ介護福祉士国家試験丸わかりテキスト2021』湘南国際アカデミー

働いていない場合の受験勉強

実務経験が3年以上、労働日数が1095日以上かつ従事した日数が540日以上あり「実務者研修が修了または介護職員基礎研修・喀痰吸引等研修」があれば、現在仕事についていなくても、受験勉強に備える事ができます。

ありあまる時間を勉強にあてる事は、決して有利とは言えません。何故なら実践で現場にいた方は、試験問題を論理的に解釈する事ができます。実務から離れていると、基礎学習から過去問題までの反復学習が必要になります。

模擬試験の参加

試験に合格するには、模擬試験を受ける事が望ましいです。できれば、本番と同じ会場にてプレッシャーを感じながら受験すると良いでしょう。
積極的に模擬試験を受けて本番さながらの雰囲気に慣れておく必要があります。選ぶポイントとしては、自宅よりも会場での受験と、解答や解説の講義や動画の公開があれば効果的です。

受験勉強のタイミングはいつから

できれば半年前から受験勉強に備えるようにします。全教科の試験科目が最低でも1点以上で、合格ラインは、正解率の60%以上が目安となりますが、2020年度の場合は、125問中で77点以上でした。 対象となる全教科において苦手な分野でも得点を上げる為に、過去における問題集を徹底的に繰り返して勉強する事です。

反復練習に加えて、苦手な分野の基礎を集中して学ぶ必要があります。 受験の1カ月前には、苦手分野を得点できるようにして、得意分野の場合は、得点率を上げていき、全体の平均点を上げる努力をする事です。

1月に本番試験があるので、寒い時期なので体調管理に気をつけて無理のないスケジュールを組むようにします。 自分にあった勉強方法を見つけて、一番集中できる時間帯で勉強しましょう。
受験勉強は長いほど良い訳ではないので、受験勉強の時間や始めるタイミングは、半年前位から計画的に行う事です。たとえ1時間だけでも、集中する事ができれば身につくものなのです。

まとめ

介護福祉士の受験勉強を始めるタイミングはいつからなのかご紹介いたしました。働きながら受験する人もいるので、自分に合わせた勉強法を選んで、半年前から受験勉強に備える事です。
今まで勉強した事と、実務経験から学んだ事を、自分の能力を把握する事で、勉強するタイミングがいつからなのかを判断するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA