介護職員初任者研修とはどんな資格?

介護職員初任者研修という名前から、研修を受けるだけのイメージを持たれるかもしれませんが、研修後の試験もあり、介護職員初任者研修は介護の現場でこれから活躍する人には、最初に取ってほしい資格となります。こちらでは、どのような資格で、メリットにはどのようなものがあるのかについても触れたいと思います。

介護職員初任者研修とは?

介護職員初任者研修とは2013年から導入された厚生労働省が発令したものです。もとになっているのは旧ホームヘルパー2級で、カリキュラム内容は変わっていませんが、ホームヘルパー2級より実務スクーリングを多くとり入れています。 介護職員初任者研修のカリキュラムは次の通りです。講義と演習で構成され、約130時間を要します。 〇職務の理解:6時間 〇介護における尊厳の保持・自立支援:9時間 〇介護の基本:6時間 〇介護・福祉サービスの理解と医療との連携:9時間 〇介護におけるコミュニケーション技術:6時間 〇老化の理解:6時間 〇障害の理解:3時間 〇こころとからだのしくみと生活支援技術:75時間 〇振り返り:4時間

介護職員初任者研修を取得するメリット

介護の仕事に就きたい人はもちろん、異業種からの転職を考えている人も受講できる内容になっていることに加え、演習で講師と接する時間もしっかりあるのでわからない点や不安なことも直接質問することもできます。 また、介護職のキャリアパスにおいて、介護福祉士実務者研修や国家資格の介護福祉士など、さらに上位の資格を取得するにも、介護職員初任者研修が入門資格となります。 その他にも、今や日本は高齢化社会と言われていますが、2025年には団塊の世代が75歳以上になることや、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という超高齢化社会へと近づきます。それに伴い、介護職のニーズが高まることは今以上となるでしょう。

介護職員初任者研修の取得方法

介護職員初任者研修講座は独学で取得することはできません。講座を開講しているスクールに通学することが必要で、そのスクールはさまざまなコースを設けているのが特長です。 また、資格取得に必要な130時間の研修は、通学(スクーリング)と通信学習で消化することが可能です。また、通信学習の上限は40.5時間で、この分は自宅で学習することができます。 週3~4日開講のコースであれば最短約1ヶ月で資格取得することも可能で、土日開講の通学や通信コースでも2~3ヶ月程度で資格取得もできるでしょう。

まとめ

介護職員初任者研修の有資格者は、介護の現場で幅広く活躍することができます。資格が無い時と比べて勤務先の候補も広がることから、複数の職場の中からご自分に合った職場を探すことも可能となります。

~・~・~・~・~・~・~・~

★☆★ 介護に関して学びを深めたい方は、以下の情報もご覧ください ★☆★

・どんな資格から学べばよいのか、介護資格の種類などに関して

【介護の入門的な学び 👉 「初任者研修編」

・スキルアップや介護福祉士を目指したい方におススメの情報

【 介護福祉士国家試験を受験するための必須の資格 👉 「実務者研修編」

・介護福祉士国家試験を受験予定の方へ、合格率を飛躍的に上げる勉強方法や教材などの情報をまとめました。

【介護福祉士国家試験を合格するための 👉 「介護福祉士受験対策編」

・必見!!介護の教育機関がおすすめする神奈川・東京の介護求人情報をまとめました。

【神奈川・東京の介護求人に特化した情報サイト👉「ふくしごと」

~・~・~・~・~・~・~・~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA