介護職員初任者研修の試験問題によく出る「ノーマライゼーション」とは何か?

介護職員初任者研修で頻出であるキーワードの一つに、「ノーマライゼーション」があります。ここでは、試験問題に対策するためのサポートとなるよう、その意味や概念について解説いたします。

介護職員初任者研修とは?

介護職員初任者研修とは、かつて「ホームヘルパー2級」と呼ばれていた資格試験のことで、2013年から名称が変更になりました。

従来の試験内容よりも、概念としてより広くなったと言うことができます。肉体的な介助だけではなく、精神的に寄り添うことをモットーにするなど、さらに拡張されたイメージです。

ノーマライゼーションとは?

スウェーデンのベンクト・ニィリエ氏が提唱した、障がい者福祉に関する8つの原理のことであり、一般人と同様、通常の社会生活を送るために、生活環境などを整備するための理念のことです。

たとえ障がいを持っていても、社会の一員として責任をまっとうし、また必要な支援を受けるという考え方になっています。

以下に、その8つの項目について簡単にご紹介いたします。

①1日のリズムを大切にする

障がいの程度とは関係なく、朝起きたら顔を洗い、歯を磨くなど、一般的な生活リズムを持つという考え方です。自分でできることはしっかりと自分でやるという意味を持ちます。

②日常の生活を大切にする

障がいを持っていても、学校や職場に通い、休日には余暇を楽しむという考え方です。

③家族や休日の時間を大切にする

休日や時間のあるときには、家族や友人との交流を大切にするという考え方です。また、スポーツや旅行なども楽しむとよいと、意味付けされています。

④ライフサイクルを構築する

ファッションに気を使ったり趣味を持ったりして、人生の楽しみ方を模索するという考え方です。

⑤個人としての尊厳と自己決定権を大切にする

人生に対する希望を持ったり、同じ障がい者の立場を尊重するという考え方です。自分の力で仕事を探し、責任をもってやり遂げることが大切だと提言されています。

⑥異性との関係を大切にする

障がいとは関係なく、異性との交友関係を築くという考え方です。

⑦経済的な支援をする

公的な財政援助を受け、またそのための責任をまっとうするという考え方です。

⑧通常の生活を送る

障がい者施設ではなく生まれ育った場所で、日常の生活を送るという考え方です。施設に入ってしまうことは、社会からの孤立につながるため、自分の力で人生を獲得する必要があります。

まとめ

「ノーマライゼーション」の理念について、まとめて紹介いたしました。試験に出ることはもちろんですが、介護従事者を志すにあたって基本となる考え方として、強く意識してみるとよいでしょう。

~・~・~・~・~・~・~・~

★☆★ 介護に関して学びを深めたい方は、以下の情報もご覧ください ★☆★

・どんな資格から学べばよいのか、介護資格の種類などに関して

【介護の入門的な学び 👉 「初任者研修編」

・スキルアップや介護福祉士を目指したい方におススメの情報

【 介護福祉士国家試験を受験するための必須の資格 👉 「実務者研修編」

・介護福祉士国家試験を受験予定の方へ、合格率を飛躍的に上げる勉強方法や教材などの情報をまとめました。

【介護福祉士国家試験を合格するための 👉 「介護福祉士受験対策編」

・必見!!介護の教育機関がおすすめする神奈川・東京の介護求人情報をまとめました。

【神奈川・東京の介護求人に特化した情報サイト👉「ふくしごと」

~・~・~・~・~・~・~・~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA