介護福祉士国家試験攻略! おすすめの通信講座4選

介護職における最上位の資格が得られる介護福祉士国家試験。チャレンジするからには、ぜひ良い結果を残したいものです。
試験に臨むに当たって、効果的な学習方法の一つに、通信講座受講が挙げられます。そのうちおすすめの4社について、その特徴を紹介させていただきます。

ユーキャン

現在(2022年7月時点)、最も人気を集めている通信講座です。過去10年間における実績では、計2万7000人あまりの合格者を輩出しています。
年間ごとの合格者数の平均は約2800人となっているため、合格者におけるユーキャン通信講座利用者の割合は極めて高いと言えます。

講座内容の特徴としては、スマホにも対応可能なオンライン学習システム、1レッスンごとにコンパクトにまとめられたテキスト、といったポイントが挙げられます。
スマホ対応のため、オンライン受講に備えて通信機材等を取り揃える必要などはとくにありません。

また、講座内容を短く区切ることにより、短時間ごとの学習も可能となります。スマホを使用することで場所的な制限がなく講座を受けられ、加えて短めのテキストにまとめられていることで、スキマ時間を有効活用した学習スタイルが実現できます。

これにより、日々の忙しさのためにまとまった学習時間を確保することが困難な方でも、無理なく学習を継続できるというわけです。

アガルート

2021年からスタートした、比較的新しい通信教育です。新規ながらもアンケート調査の種類によっては、支持率と口コミ評価でナンバー1に上り詰めるなど、注目を集めています。

スマホからでも講義動画が視聴可能な点と、質の高いサポート体制といった点が特徴です。SNSの1つ・フェイスブックを用いて、何回でも質問に対応するというサポート提供が設けられており、苦手な科目を克服する上で大きな助力となるでしょう。

資格の大原

介護福祉士試験講座に関して、4種類用意されている通信&通学コースのうちいずれかを選択することとなります。ご自身のライフスタイルにマッチした学習スタイルを選ぶことができるわけです。

どのコースを選んだとしても、短期間で合格を狙える内容のカリキュラムが整えられています。講義による知識のインプットのみならず、講座ごとに行われるミニテストによりアウトプットの機会が得られ、要点をまとめたレジュメによる復習など、高い学習効果が期待でき、確かな実力を身に付けたい方に適していると言えるでしょう。

湘南国際アカデミー

神奈川県で介護スクールを展開する湘南国際アカデミーは、他社に比べて規模は大きくないものの、介護福祉士の合格率90.3%(2021年度)の実績から、じわじわと全国に受講生(通信)を増やしています。

介護福祉士受験対策の通信講座は、eラーニング「受かるんです」、動画教材「動画で受かるんです」があります。「介護福祉士試験の合格」にポイントを絞った学習で、限られた時間で効率よく学びたい方にオススメです。

ご自身のタイプにあった講座を利用することが重要

介護福祉士の資格取得を目指す方々は、福祉系高校を卒業して受験資格を得られた方や、実務経験3年と必要資格の取得を経て受験資格獲得に至った方など、キャリア形成の道程が様々です。

そういった関係上、介護福祉士試験の勉強について、業務との兼ね合いなどで適した取り組み方が、各々違ってくることでしょう。このことから、通信講座を選ぶ際においてはまず、自らの働き方や生活でも継続できるかという点を検討することが肝要です。

まとめ

以上、高く評価されている介護士試験通信講座の中から、4つをピックアップしその特徴を見てまいりました。それぞれの特徴に着目し、ご自身にあった講座を利用することによって、良い結果に繋げられることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA