介護福祉士国家試験を独学で勉強する方法

介護福祉士国家試験を取得するために独学で勉強される方は少なくありません。独学で資格取得される方の為のテキストも多く出版社などから販売されています。
最近では、動画サイトなどにも介護福祉士国家試験をテーマにした動画が無料で配信されています。独学での勉強方法も多様化しているのが現状です。
今回は、介護福祉士国家試験を独学で勉強する方法を見てまいりましょう。

独学で取得する際の注意点

介護福祉士を目指す道は幾つかございますが、実務経験者からのルートを選択し合格を目指す方は、職務をこなしながら独学で試験勉強の時間を捻出するのが大変です。

通信学校を選択するのも時間と場所が限られるため自由にとはまいりません。その点独学であれば自分のスケジュールで勉強できる事が大きな魅力の一つと言えます。

場合によれば、仕事やプライベートの時間をさいて勉強時間を確保しなければならない事もあるでしょうから、最初はやる気に溢れていても、気が付けばやる気が削がれてくるという事も考えられます。

プライベートな時間を勉強の時間にさいて、地道なスケジュールをこなしていく事は意外と難しく、かなりの覚悟が必要です。
独学で介護福祉士国家試験を取得する為には長い勉強時間を維持できるモチベーションと意思が必要です。

独学での学習方法としては主にご自身で教材を購入し学習するという事になります。その勉強方法は過去問題を繰り返し解くという、知識を定着させる方法が一般的です。
また、この勉強時間は半年から3ヶ月前から平均一日2時から3時間が目安と言われています。

独学でこの国家試験に合格するには以下の点が重要と言われています。

独学で合格を目指すポイント
  • 合格に必要な勉強時間と言われている300時間を確保する事。あくまでこれは一般的な目安です。
  • 試験においては何事もそうですが、計画的に勉強を行う事。
  • 仕事の合間に勉強なさる場合、時間の有効活用を行う。(アプリなどを利用する)
  • 過去問題は特に集中して取り組むこと。
  • 過去問と並行して行う問題集は最新のテキストを使用する。
  • 得意分野は特に集中する。

以上のような勉強方法が独学で勉強する際に注意する点と言われています。特に仕事などと並行して受験する場合には、時間の有効活用が大事です。無駄のないように集中する事が求められます。

受験資格

まず、介護福祉士の資格を取得するためには国家試験に合格しなければなりません。その資格試験を受ける為には、受験資格を満たしている必要があります。
養成施設や福祉系の高校に通っていない場合であれば、受験資格取得方法は残り一つです。

その方法は実務経験を3年以上積み、その上で実務者研修を受講するという道です。施設などで経験を3年以上積み実務者研修を受講する事により、国家試験受験資格を得る事が出来るのです。

この国家試験受験資格を得たのち、国家試験の勉強を行うという事になります。独学での資格取得は決して不可能ではありませんが、安易に考えてもいけません。全ては、ご自身の覚悟と努力が結果になって表れるという事ではないでしょうか。

まとめ

独学での勉強は決して簡単なものではありません。その量も多く何から始めればよいのかさえも分からなくなることもあります。仕事と勉強の両立も大変です。
過去問やテキストなどを使用しスケジュールを立てて進める事や、アプリなどでスキマ時間を活用してコツコツと勉強するなど、ご自身にあった方法を見つけてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA