介護福祉士の試験勉強に必須、受験対策問題集などわかりやすいテキストのポイント

介護現場において中心的な職務に携わる介護福祉士。その国家資格の取得を目標として、受験勉強に励んでおられる方々も多くおられることでしょう。
勉強に不可欠である受験対策問題集など、わかりやすい参考書を選ぶには、どのようなポイントを踏まえるべきなのでしょうか。

介護福祉士の資格を得るまでの道筋

介護福祉士の資格を取得するための国家試験は、誰でも受けられるものではありません。試験を受けるための資格が必要です。
その受験資格を得るルートとしては、大きく分けて実務経験を積む方法と、福祉系大学など養成施設を卒業する方法の2通りがあります。

働きながら受験資格を得るには、介護関連と認定されている業務について3年以上の実務経験と、介護福祉士の前段階に相当する諸々の研修を修了することが求められます。
介護系の養成施設で学習する方法では、その卒業をもって受験資格が与えられます。

試験の内容

国家試験は、筆記と実技の両試験で構成されています。しかし、実務経験および専門学校での履修によって受験資格を得ている場合、実技試験が免除されることとなります。
高校の福祉課程を卒業した場合には実技試験の対象となりますが、事前に介護技術講習を修了していれば実技試験が免除されます。

筆記試験で扱われる内容は、4つの分野に大別されます。

まず、人間と社会に関する分野。ここでは、人間の尊厳と自立、人間関係とコミュニケーションにおける基礎やノウハウが扱われます。加えて、福祉制度や介護と社会の関連性についても扱われます。

介護の実務的分野についても、当然のように試験で問われます。実務における基礎やチーム間のコミュニケーション、生活支援や介護アセスメントといった内容が該当します。

介護対象である方々のバックボーンと言える、心と身体の仕組みに関する分野も試験で問われます。人間の成長過程における発達や老化、認知症や障害に対する知識を始め、それ以外の心と身体についての事項も扱われます。

介護現場には、喀痰吸引や経管栄養など、医療ケアに着手する局面もあります。これに関連し医療分野についても試験で問われることとなります。

試験に合格するには、受験勉強を通じてこれらの分野について学び、知識やノウハウを獲得する必要があるわけです。

どのようなテキストを選ぶべきか

介護福祉士として不可欠な知識を身に付け、筆記試験をパスするにはまず、自分に合ったテキストを選ぶことが重要です。最低限用意すべきは、試験範囲全般を網羅した教科書的テキストと、過去問題集です。

教科書的テキストに関しては、自身にとって理解しやすい内容となっていることが踏まえるべき条件と言えます。
文章的に読みやすく、適切な図表が用いられるなど、わかりやすい工夫がなされている点に注目しながら選んでいくと良いでしょう。

過去問題集に関しては、解答についての解説が充分になされているタイプを選ぶと良いでしょう。なぜそのような答えが導き出されるのか、納得できる流れで説明されていれば、効率よく学習に取り組めます。

ネット上などで無料公開されているテキストもありますが、錯誤が含まれる怖れがあります。そういったリスクを避けるため、出版社の責任に基づいてリリースされている書籍タイプをメインに使用し、ネットによる情報収集は補助的に行うのが無難と言えます。

まとめ

以上のように、介護福祉士試験の概要を踏まえつつ、受験勉強に使用するテキストとしては、わかりやすい内容の教科書的参考書と、充分な解説付きの問題集が有効であることを見てまいりました。

試験で問われる内容は、介護福祉士の業務において重要なものです。
しっかり勉強しておけば、資格取得後におけるキャリア形成にも役立つと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA