無資格の方でも参加出来る介護施設でのボランティア活動について

介護系の資格は取得していないけれどお年寄りと接するのが好きな方や、学生で介護士を目指している方におすすめなのが介護施設でのボランティアです。
この記事では、介護施設でのボランティアの目的や内容などについて説明していきます。

介護施設でボランティア活動を行う目的とは

ボランティア活動は、外部から無償で利用者に楽しみを提供してくれる方を募集して行われます。普段の介護施設は閉塞な空間なのであまり外出することのない利用者にとって、有意義で刺激的な時間を過ごすことになります。

それだけではなく、レクリエーションの際に介護職員アシスタントの役割を担うことにより、介護サービスの価値をアップさせることにも繋がります。

ボランティアの主な活動内容について

活動内容は多種多様です。施設の職員が受け入れを許可してくれたら、自分の得意とする分野で、利用者と交流することが出来ます。例をあげてみます。
誰でも気軽に始められるものは、利用者の話し相手(傾聴)や囲碁・将棋・散歩などです。その他にも新聞やおすすめの本の読み聞かせ・ライブパフォーマンス・マジックショー・劇など、利用者と一緒に楽しめるものであれば大歓迎です。

介護職員のサポートボランティアについて

ボランティア活動には、介護職員業務の補助もあります。介護職員は1日を通して、たくさんの業務をこなすので、補助してくれる人がいるだけで負担が軽減されます。
例えば、水分補給タイムの際のお茶入れ・施設内のクリーニング・シーツ取り換え・備品の確認および補充・花壇の手入れ・職員への利用者の状況報告などがあります。

身体介護をするわけではないので、無資格の方でも出来るものばかりです。

ボランティア活動をして得られるメリットとは

大きなメリットと言えば、趣味や特技を生かせられることです。そして、利用者と触れ合うことで、色々な知識が身に付きます。
また、利用者は素直に喜びを言葉で直接伝えてくれるので、やりがいを感じることが出来ます。介護職員の補助ボランティアの場合でも、社会貢献をしたことになり、自分自身の実績にもなります。

ボランティア活動を行う際の心構えについて

体調不良の時には感染リスクを避けるため、活動は必ず控えて下さい。それから、利用者に合ったものを提供する様に心がけましょう。
また、介護施設には様々な病気を持った利用者がいます。常に利用者の立場になって物事を考え、驚かせたり自尊心を傷つけたりしない様に気を付けて下さい。

問い合わせ方法について

介護施設でのボランティア活動に興味があり、実際にやってみたいという方は、近隣の介護施設に直接問い合わせてみましょう。
今はコロナウイルスの影響でボランティアを受け入れていない施設もありますが、相談だけでもしておくと受け入れ可能となった場合に、依頼がくる可能性もあるでしょう。

それから、社会福祉協議会に問い合わせるという方法もできます。知り合いに介護職員がいる場合は、スムーズに予定調整をしてくれることもあるので、相談してみましょう。

まとめ

介護施設でのボランティア活動は、無資格でも参加することが可能です。ボランティアは自発的に行うものです。
自分の出来る範囲で、利用者が喜んでいる姿を実感してみませんか? 活動を行う際は、笑顔であいさつをし、最低限のマナーを守りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA