いろいろな資格でスキルアップ、介護現場にほしい介護福祉士や医療介護福祉士!

介護士のスキルアップ資格は数多くありますが、医療介護福祉士もそのひとつです。2010年に認定が始まった民間資格として、介護現場における医療知識を持った介護福祉士の教育やスキルアップに役立つ資格です。

介護職の主要資格

介護資格は、介護職員初任者研修を受講するためにスクールに通い、介護の基礎知識やスキルを証明できる資格を修了する必要があります。基礎知識からものから専門的なものなどが資格としてはいろいろ存在します。

介護職員初任者研修

介護の未経験者を想定した研修内容で、介護に関する基礎知識の学習や基本的な介護技術の演習が行われ、取得できれば訪問介護員としての就職や転職など、介護福祉士実務者研修での資格取得が有利になります。

介護福祉士実務者研修

介護福祉士の受験資格として、介護職員初任者研修を最初に取得すべき資格とされ、実務者研修でたん吸引などの専門的な知識が身に付き、取得できればサービス提供責任者などへのキャリアアップができます。

介護福祉士

介護業界唯一の国家資格として、介護専門家の信頼度が上がる資格となっていますので、資格手当が付くなど就職や転職でも有利になり、リーダー的な役割や管理職などのキャリアアップを目指す場合は重要になってきます。

介護支援専門員(ケアマネジャー)

介護支援専門員(ケアマネジャー)の仕事は、要介護者からの相談や利用者の心身状況などに応じた、適切な居宅サービスや施設サービスを利用できるように、自立した日常生活に必要な援助と専門的知識や技術を有する者として、介護保険サービスケアプランの作成や各種手続きを行う仕事です。

介護福祉士と医療介護福祉士

介護福祉士

高齢化が進む現在、年寄りや身体の不自由な人が利用する社会福祉施設や在宅訪問介護、老人ホームなどで介護を行う専門職として、あらゆる現場で求められる介護サービスの中心となる重要な仕事です。

主に身体介護、利用者や家族の相談・助言、生活支援、現場従業員への指導や助言、介護知識や技術を伝える、仲間の負担軽減など、適切な介護計画を立てる業務を行います。

平成24年に、社会福祉士及び介護福祉士法が改正され、介護福祉士実務者研修の修了が義務づけられました。介護福祉職による医療や、看護との連携・安全が確保されていることなどの条件下に、たん吸引と経管栄養などの医療行為を実施できることになりましたが、医療従事者ではありませんので、インスリン注射、摘便、床ずれの処置、血糖測定、点滴の管理などの医療行為は、看護師が行う必要があります。

医療介護福祉士

医療機関や介護施設は、高齢者や重度障害者、神経難病患者などの、介護と医学知識を持った介護福祉士が求められ、医療と介護は避けては通れない問題があります。

医療介護福祉士は、介護福祉士育成を目的に、介護現場の緊急時対応や事故防止・介護の医学知識をさらに深め、スキルアップとして役立てることができます。

医療介護福祉士になるには、1年以上の実務経験がある介護福祉士が、所定の研修を受講することで取得が可能です。研修の修了後のテストへ合格すると医療介護福祉士として認定されます。

まとめ

介護の現場には医療患者の利用も多いため、介護技術のみならず、医学的知識を併せ持つ介護福祉士の需要が高まっています。
医療介護福祉士は、このような医療介護に役立つスキルアップ資格として取得してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA